スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひゅうが

今日は朝早くから(4時起き!)行動開始、横浜港大さん橋国際客船ターミナルに行ってきました。

駐車場
バックを見ると目的がわかると思いますが。

今年は3年ぶりに海上自衛隊の観艦式が開催されています。
そしてここに停泊していたのはLST-4003くにさき(輸送艦)とDDH-181ひゅうが(ヘリコプター搭載護衛艦)です。

遠景
左がくにさき、右がひゅうが。
いずれも全通甲板を持つため、外観上は空母のように見えます。
こうして横から見ると大きさの違いはわかり難いですが。

前景
こうして前から見ると大きさの違い、特に横幅の差は一目瞭然です。

LST-4003くにさき
くにさき
くにさきは輸送艦のため、内部は一口に言ってがらんどうです。
くにさき内部
武装もファランクスCIWS(近接防御火器システム)が2基のみ。

後部ハッチから後方のひゅうがを望む。
ひゅうがを望む


DDH-181ひゅうが
ひゅうが
全長197m、全幅33m、基準排水量13,950トン、LM2500型ガスタービンx4基、100,000PS。
現時点で日本が保有している護衛艦の中で最大です。
(現在建造中の22DDHは全長248m、全幅38m、基準排水量19,500トン、112,000PS)
兵装も強力で、
ファランクスCIWSx2基
12.7mm単装機関銃 7丁
3連装短魚雷発射管x2基
VLS(垂直発射システム)x16セル
を装備します。

ちなみにこのひゅうが、日本の護衛艦で始めて女性乗員用の設備(更衣室、風呂、トイレ)が設けられた艦で、実際に女性海上自衛官が乗船しています。(就役時は17名)
女性士官


中に入ってヘリコプター用エレベータ-で格納庫から甲板に出ます。
エレベーター

こうして見ると全通甲板と右側にオフセットされたアイランドのためにほんとに空母っぽい。
ひゅうが全通甲板

ファランクスCIWS
ファランクスCIWS
20mm6銃身のM61バルカン砲で最大毎分4500発の発射速度です。

VLS
Mk41VLS.jpg
アメリカ海軍のMk.41と呼ばれるもので、スタンダード対空ミサイルやシースパロー対空ミサイル、アスロック対潜ミサイル、そしてトマホーク巡航ミサイルを発射することができます。

艦首から前方のくにさきを望む。
くにさきを望む

来週の日曜日は観艦式の最終日、体験航海が実施されますが、応募し忘れました・・・。




にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

cbawd40

Author:cbawd40
北海道出身、現在静岡県東部在住

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。